イベント・ブログイベント・ブログ

2018.07.08インタビュー

6ヶ月間で得たものは「思考力」、仕事の幅を広げるためスキルを磨いた男性のお話

こんにちは、スタッフのわたやんです!
5月にご卒業された、西田聖志さん(Webデザイナー専攻フリーランススタートアップパック修了)にお話を伺いました。

西田さんは、未経験でWeb業界に転職し、スキルアップのためにWebデザイナー専攻を受講されました。
転職当時のスキルや受講期間中の学習の進め方、そして卒業後のお仕事について、詳しくお聞きしましたよ!
 
Webデザイナー専攻フリーランススタートアップパック・・・未経験からデザイン~コーディングまで学べるWebデザイナー専攻に、バナー制作実践講座がプラスされたコース

未経験からWeb業界へ転職、その時のスキルは?

未経験からWeb業界への転職を選んだ理由を教えてください。

転職先としてWeb業界を選んだというより、一緒に働く人で選んだらそれがWeb業界だった、というのが正直なところです。

以前勤めていた会社を辞めて今後どうするか考えていた時に、地元の先輩である弊社の社長に声をかけてもらって、Web業界、つまり現在の会社に入りました。
僕は、何を仕事にするかではなく、誰と一緒に仕事をするかというのを大切にしています。
それは就職活動をしていた頃から念頭に置いていたし、実際に企業に就職してからも、やっぱり事業は人で動かしているんだなと感じていました。

 

転職当時のスキルは?

当時は、Illustratorは触ったことないし、Photoshopも知らない、HTML5なんて言葉しか聞いたことないっていうレベルでした。

はじめは漠然とした不安しかなかった・・・スキル習得に至るまで

Webデザインスクールを検討したきっかけは何ですか?

弊社の社長がIllustratorやPhotoshopを独学で学んでいましたが、結局分からないことがいっぱいあって、
こいつ(僕)はまともに育てたいという思いから、スクールをいくつか検討し始めました。

 

デジタルハリウッドSTUDIO京都を選んだ理由は?

利用できる時間に自由がきいたこと、あと、少人数制ということも魅力のひとつでした。
例えば、30人の生徒に対して先生が1人だと質問できる回数が必然的に少なくなってしまう。でもここは10人足らずの少人数制で、しかも営業時間内は教えてくれるトレーナーが常駐している。さらにトレーナーが現役のWebデザイナーということも決め手になりました。

受講期間中について

動画教材や制作課題で、思うように進まないことはありましたか?

基礎学習のところでは、動画教材で道しるべが示されているので、問題なく進められました。

制作課題では、実際にやってみると分からないことや学ぶべきことがたくさんあって、
だから、自分に足りない、弱いと思う部分は自分でも補うようにしていました。
例えば、自分は明らかにコーディングが弱いと思ったときは、書籍を買ったりして、自分でデジハリ+αをするようにしていました。

 

卒業制作はいかがでしたか?

制作するサイトのコンセプトや目的、思いなどを、企画段階で設計することの大切さを感じました。
デザイン作成の前の企画部分に時間をかけたほうが良いですね。

Webサイトは完成したら終わりではなくて、保守性なども考えながら制作しないと、その後の運用がしんどくなるのかなと思います。
自社で実際に使うサイトを作ったからこそ感じたことですね。
卒業制作では自社のコーポレートサイトを制作。シンプルで素敵ですね!



Vistage合同会社

卒業制作作品:EC ネットショップ サイトのデザイン構築に強いVistage合同会社(https://vistage-llc.com/

デジタルハリウッドSTUDIO京都で得たもの

学習を進める上で気を付けていたことはありますか?

分からないことをすぐに聞かない、ということですね。これはすごく自分のためになったと思います。

何かでつまずいた時、すぐに答えを聞いてしまうと、その時は納得しますが
時間が経ってから、あれ何やったかな?って分からなくなるんです。
 
本当に自分のためを考えるなら、まずは自分で考えることが大事だと思います。
自分で仮説を立てて何度か試した上で、トレーナーさんの意見を聞く、これが大切です。
また、STUDIO京都ではトレーナーさんが何人もいるので、色々な考え方、方法論を聞くことができます。
これを活用しない手はないですね、非常にありがたかったです。

 

卒業生インタビュー

自分が思っている以上にフル回転するくらいがちょうど良い

受講期間が終わってみて、いかがですか?

学習に関しては、自分が思っている以上にフル回転でいった方が良かったな、と感じています。
IllustratorやPhotoshopすら使えない所から始めて、コーディング(HTML/CSS)まで学んで、
すると、そこからまた見えてくる世界があるんですよ。やればやるほど学びたいこと、学ぶ必要があることが増えてくるんです(笑)

いつも一歩先を考えて行動すると、自分のためにちょうど良いくらいになるのかなと思います。

 

習得したスキルを、今後どのように活かしていきますか?

会社としては、ECをメインでそれをサポートしていくような、どちらかというとコーディングが多くなると思います。
ただ、結局デザインもしているので、(フロントエンドにおいて)何でも屋に近いです。

 

以前、何でも屋はしんどいと仰っていませんでした?気持ちの変化がありましたか?

気持ち的には、今も全く変わっていません。
心境の変化があるとしたら、当時はまだ勉強中でしたが、今はある程度自信をもってデザインやコーディングを行えます。
何でも屋という現状には変わりないですが、自信がついた分余裕ができましたし、自信に伴ってコーディングが楽しくなってきました。

しんどいと言いながら、充実してますね(笑)

 

卒業生インタビュー
西田さん、ご卒業おめでとうございます!
実はこのあと、映像編集の勉強も検討されているとか・・・
仕事の幅を広げるために、様々なものを取り入れていく姿勢がカッコイイですね!