イベント・ブログイベント・ブログ

2017.09.21インタビュー

「人の行動をデザインすることに興味があった」何事にもまっすぐな20代女性がWebデザインを通して学びたかったものとは

こんにちは!スタッフのわたやんです。 今回のインタビューは、8月にご卒業された納富和加菜さんです! 何事にもまっすぐでとっても笑顔のチャーミングな女性です。 納富さんがどんな理由でWebデザインに興味を持ち、そして何を学び取ったのかという部分を 掘り下げて聞いてみました!

デザインやアプローチの仕方で人の行動が変わる。そこがおもしろい!

デジハリでWebデザインを学ぶきっかけを教えてください 私は民泊に関わる仕事をしています。 現在、民泊予約できる宿の情報を掲載しているサイトの「お部屋の紹介」ページの編集担当をしていて 文章表現や写真の差し替え等で、変更前と変更後でページの閲覧数やクリック数が変化するのがすごく面白い!と感じたんです。   あと「橋をデザインするとき、橋そのものをデザインするのではなく、渡り方をデザインする」 という言葉を何処かで聞いたことがあって、私自身、「人の行動をデザイン」するコトに興味がありました。 そして「自分がデザインして集客UPに繋げられるようなノウハウを学びたかった」というところが出発点になっています。   でも最初は、具体的に何を勉強すれば良いのかが分からなくて、ネットで広告やグラフィック・Webデザインなど あまり限定せずに調べていた中で見つけたのがデジタルハリウッドのWebデザイナー専攻でした。 薄ぼんやりと、Webデザインのスキルも身に付けたら集客UPに繋がるかなぁと思い、学ぶことを決めました。 あと、実は前からPhotoshopを使って絵を描いてみたかったっていう夢もありました(笑)

一番大変だったのは、モチベーションの維持

受講期間中、悩んだことはありますか? 入学当初は、仕事が閑散期に入ったら勉強に集中できると思っていました。 ですが、思っていたより忙しい期間が続いてしまい、仕事も勉強も中途半端になりそうだったので、1ヶ月間休学させてもらいました。 休学中に復学を目標に仕事のスケジュールを立て直すことで気持ちの上でだいぶ余裕ができて 「あれもこれもやらなきゃ」という状況から早く抜け出すことができました。 あと…モチベーション維持って思っているより大変なんだなぁと痛感しました(笑)   復学後の学習はどのように進められたのですか? 最初は、中間課題に取り組む前に休学したこともあり 総復習も兼ねて、動画教材をIllustrator・Photoshop〜HTML/CSSまで一通り見直しました。 1ヶ月、学習が抜けた分を取り戻さないといけなかったので何時になく集中して取り組みましたね! 「絶対やってやるぞ!」っていう強い気持ちがあったのでブレずに出来ました。 また担当トレーナーには、厳しくもガッツリとほとんど付きっきりで教えていただいたり(笑) あと休学して1ヶ月抜けた分をライブ授業でカバーできればと思って、復学後は積極的に参加するようにしていました。   納富さんはライブ授業の常連でしたよね。 そうですね!ライブ授業は他の受講生さんと交流できる場として凄く良かったです。 Webデザインを学ぶ者同士で、情報共有が出来る仲間でありライバルみたいな感じもあり、学習意欲もかなり上がりました。   休学前は「全部完璧にやらないといけないんだ」って勝手に一人で思い込んで気持ちの上でしんどくなっていましたが 復学してからは他の受講生さんを含め、いろんな人と話をしたり、 一緒にライブ授業に参加したりしているうちに、考え方が良い意味で少し変わっていきました。

自分の力を信じて、前向きにドンドン挑戦していきたい!

今後の展開は? 現在の会社に、Webデザインを中心にデザイン分野に特化した部署を作れないか提案してみたいなぁと思っています。 今の自分にできることで会社に貢献していきたいです! 今後は、Webデザインの方面から民泊の集客UPに向けてアプローチしていける!というところをアピールしつつ 自分の力が活かせることにドンドン挑戦していきたいと考えています。   納富さんの挑戦、楽しみにしていますね!!改めてご卒業おめでとうございます!   テキストエディット:わたやん