イベント・ブログイベント・ブログ

2018.12.13インタビュー

「デザインは才能がある人だけができると思っていた」銀行員からUIデザイナーに転身した女性のお話

 

こんにちは、スタッフのわたやんです!
今回インタビューを受けてくれたのは、2018年4月に入学し未経験からWebデザインを学ばれた森長 希奈さん(Webデザイナー専攻修了)

 

独学での挫折を経験し、3度目の正直でデジタルハリウッドSTUDIO京都(以下、STUDIO京都)へ入学したという森長さん。彼女がスクールへの通学を決めたきっかけや受講期間中のエピソード、そして在学中に行った転職活動について、詳しく伺いました。Web・クリエイティブ業界への就転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

デザインは才能がある人だけができる仕事だと思っていた

前職は何をされていましたか?
前職は地方銀行で銀行員をしていました。

 

これまでデザインに触れることはありましたか?
もともと絵を描くのが好きだったことも影響して、芸術専門の大学ではありませんが、デザインを専攻できる大学に通っていました。

大学生の頃にプログラミングサークルでWebデザインに少し触れる機会もあって、その流れで独学で勉強しようと頑張ってみたのですが、なかなか思うように進まず、その時は挫折してしまいました。

 

就職活動のときは、デザインやWeb関係の仕事は考えていなかったのですか?
デザインを仕事にするという発想がなくて、デザインやWebとは全く異なる分野で就職活動を行いました。デザインって才能がある人だけができる仕事だと思っていたんです。

 

独学で挫折し、3度目の正直でデジタルハリウッドSTUDIO京都へ入学!

転職を考えはじめたきっかけはありますか?
前職では、営業でお客様の悩みを聞いて解決できることにやりがいを感じていました。でも、何か自分のやりたいことを仕事にして解決に繋げられたらもっと良いのにな、と考えるようになって…。

 

その時に、大学で少しやったデザインや、一度挫折したプログラミングを思い出したんです。
もう1回やってみようかな?と思い、書籍を買って2度目の独学をはじめてみましたが…また挫折してしまって。3度目の正直でSTUDIO京都への入学を決めました!

 

独学での挫折を経て来られたんですね。3度目の正直はうまくいきましたか?
独学のときは、まず何を準備したらいいのか?すら分からないレベルだったので、なかなか効率が上がらず書籍のページが全く進みませんでした(笑)
その点、STUDIO京都ではデザインやコーディングを始めるまでの土台作りを教わることが出来たので良かったです。

 
Web制作の筋道を示していただけるので、あとは自分で工夫したり応用させることが出来ました。初学者には、はじめの入口が一番大変なんですよね。

 

卒業生インタビュー 森長希奈さん

 

アウトプットのためにポートフォリオ作成

受講期間中はスムーズに学習を進められましたか?
最初の3ヶ月は仕事を続けながら通っていたこともあり、スケジューリングが上手くいかず、なかなか思うように進みませんでした。動画教材での学習は比較的順調にこなせていましたが、いざ制作課題になると全然理解できていなかったり…
きちんと理解できていない(身に付いていない)ことに気づいて、2回、3回と課題をやり直したこともありました。

 

あと、卒業制作の前には復習期間があったので、これまで見た動画教材を見直してひたすら復習しました。

 

アウトプットのためにポートフォリオを作成されたのもその頃ですか?
そうですね。
復習している中で、やはり自分でアウトプットしないと本当に身に付いたことにならないなと感じて、練習のつもりでポートフォリオサイトを作成しました。その時はポートフォリオに載せられる作品も少なかったので、見やすさやレスポンシブ対応していること等を重視して、制作実績を後から追加していけるように作りました。

 

森長希奈さんポートフォリオ kina.comori

 

実は、当初作成したものからはめっちゃ変わっています(笑)初めて作ったということもあり当初のものは見にくくて、卒業制作を終えてから作り直しました。

 

SNSで就活?!

就職活動はどのようにすすめましたか?
私は、SNS就活だったんです!

 

SNS就活?!
STUDIO京都に入学したと同時にSNSを初めて、いつも情報収集に使っていたので、ポートフォリオが出来たタイミングで思い切って公開してみたんです。自分から発信するなんてめっちゃ恥ずかしかったですけど(笑)

 

ポートフォリオ以外に勉強方法をまとめたノートを投稿しはじめた頃から、企業さんからコメントやオファーをいただけるようになりました。ポートフォリオを見て、お話だけでも聞いてみませんか?と言っていただいたり、そのまま面接の機会をいただける会社もありました。
最初は本当に恥ずかしかったですけど、アウトプットのため!と思って頑張ったのが良かったと思います。

 

就活サイトは使わなかったのですか?
登録はしていましたが、卒業してから使いはじめようと思っていたら、結局使わずに終わりました。最終的に内定をいただいた会社は、全てSNSからお話をもらったところです。

 

就職内定おめでとうございます!

就職先ではどんなお仕事をされる予定ですか?
職種はUIデザイナーです。
誰でも簡単に動画を作れるRICHKAというサービスを作っている会社で、サービスの使いやすさをUI(ユーザー・インターフェイス)の観点から考えていくというのが主な仕事です。

 

森長さんの今後の展望やデザイナーとしての将来像があれば教えてください。
媒体にとらわれず活躍できるデザイナーになりたいです。今回の会社へ就職が決まって、Webサービスを作っていくことにも魅力を感じたので、一つのことにとらわれずにいろんなことにチャレンジしていきたいですね。

 

卒業生インタビュー 森長希奈さん

 

デザインを仕事にしたい…そんな夢を叶えるなら!

森長さんのように「デザインを仕事にできるなんて考えてもいなかった」「転職を考えはじめて、昔デザインに興味があったことを思い出した」という方、実はすごく多いんです。
 
Web業界へ就転職してクリエイティブな働き方を実現したいという方は、ぜひ一度STUDIO見学&説明会にてご相談下さい。