イベント・ブログイベント・ブログ

2018.12.06インタビュー

「”Web”のデザインも学びつつ、コーディングスキルを身につけたい」スキルチェンジを目指すDTPデザイナーの挑戦

  こんにちは!スタッフのわたやんです。 今回のインタビューは、転職を考え始めたことをきっかけにWebデザインを学んだという佐藤 晴香さん(Webデザイナー専攻グラフィックデザイン経験者プラン修了)これからのデザイナーに求められるスキルチェンジとは?そして彼女の目指すデザイナー像とは?現役DTPデザイナーの6ヶ月間の“学び”に迫りました。ゆっくり読んでってくださいね〜! 佐藤さんが受講したコースはこちら

Web知識がある方、優遇します!という求人募集を見かけて

これまではどんなお仕事をされていましたか? もともとは広告のデザインがしたくて大学でグラフィックデザインを勉強し、大学卒業後はデザインに関わる仕事をいろいろとやっていました。デザイナー以外の職種も経験しましたし、デザイナーの場合でも印刷やグラフィックみたいに媒体が変わったりと本当にいろいろです。現在はフリーペーパーの求人広告のデザインに携わっています。   Webデザインを学ぶきっかけを教えて下さい。 昨年頃から転職を考えはじめて、求人募集を見ていたら“Web関係の知識がある方”という条件がすごく多かったんです。それで一回学んでみようと思ったのがきっかけです。 最近はIT系の会社からデザイナーの求人募集がよく出ていて、”デザイン+Webコーディング”や”UI/UXの知識があると優遇します”みたいなのをよく見かけます。制作会社や広告関係の企業だけでなく、Webサービスを作る会社も増えているし、最近、本当に多いです。  

DTPデザインとWebデザインは全然違う!

受講目的はWebコーディングスキルの習得がメインですか? 紙のデザインとWebサイトのデザインって全然違うので、”Web”のデザインも学びつつWebコーディングが学べたらなぁ、と考えていました。   具体的にどんな違いがありますか? 受講終了してから感じたことですが、Webデザインの考え方ってDTPより立体的な気がします。誌面やグラフィックデザインの場合はそもそもが平面なんですが、Webの場合は動きがあるし、階層構造も考えないといけない。Webサイトを見て、触って、体験してもらうこともデザインのうちなのかなぁと思います。   卒業生インタビュー 佐藤晴香さん  

忙しくても情報収集だけはずっとしていた

お仕事しながら通学されていましたが、効率良く進める工夫などはありましたか? まずは「今月までにこの課題を終わらせる!」みたいに、直近の目標を決めました。 動画教材は一度学習したところでも何度も見直すことができたので、理解しきれていないところを復習しながら進めて、どうしても分からないところはトレーナーさんに聞いたり、自分でも合間の時間を見つけて調べるようにしていました。   仕事があってSTUDIOに来られないときでも、とりあえず情報収集だけはずっとしていました。 分かりやすい参考サイト等を調べるだけ調べておいて、STUDIOに来たときに集中して作業するみたいなパターンでしたね。   ライブ授業もお仕事が休みの日は必ず参加されていましたね。 ライブ授業は動画教材にはでてこない少し応用編の内容で、Web業界での仕事の話を聞けるのが良かったです。 私は制作する側の仕事にしか就いたことがないので、同じ業界でも例えばディレクションなんかは全くやったことがないんです。   結構リアルな話が聞けるし、一度受けた授業でもその日にしか聞けない話があったりするので、同じ授業を何度か受けることもありました。トレーナーさんに「この授業前にも受けてない?」と言われたこともありましたが、毎回受けておいて良かったです。 あと、受講期間中のライブ授業でバナーデザインコンペがあって、これはすごく良い経験になったなと思います。   バナーデザインコンペ入賞 ライブ授業で開催されたバナーデザインコンペに参加し、見事佐藤さんの作品が第1位に選ばれました! 制作バナーは下記サイトにて公開されています。 https://ito-ya-haishoku.jimdo.com/  

卒業制作について

卒業制作では、はじめて企画からWebサイト制作を行ってみていかがでしたか? サイト内のコンテンツの内容や配置の仕方といった構成を考えるのが難しかったです。 Webサイトによって、目的や推したいポイントって全く違うので、どうやってデザインで伝えたらいいんだろう?と悩みました。   完成したサイトは、動きをたくさん盛り込めたところが個人的に良かったです。やりすぎず、ほどよい動きを加えたかったので、スクロールアニメーションのライブ授業を参考にしたり、自分でも調べて頑張りました。   佐藤晴香さん卒業制作作品 JOBPLAN  

 企画・構成をしっかり考えられるデザイナーになりたい

卒業生インタビュー 佐藤晴香さん   今後の活動予定を教えて下さい。 これからポートフォリオをまとめて、転職活動をはじめる予定です。 デザイン系のことなら何でも出来るようになろうと思ってSTUDIO京都に来たので、媒体にこだわらずいろんなデザインに携われる仕事に就きたいです。   同じ広告でも紙やWebのようにいろんな見せ方があって、でもどれも宣伝ツールの一つにすぎないんですよね。 様々な媒体のデザインに携われるように、企画・構成をしっかり考えられるデザイナーになりたいです。広告する商品のパッケージから宣伝媒体のデザインまで、自分が一貫して携われたら嬉しいです!  

自分のスキル、今のままで大丈夫?と感じたら

最近は、同じデザインでも多様な見せ方を求められ、デザイナーにもスキルチェンジが必要になるようです。 デジタルハリウッドSTUDIO京都では、現役クリエイターが常駐し「Webデザイナーに転職したい」「もっと仕事の幅を広げていきたい!」という皆さんの学習をサポートしています。自分のスキル、今のままで大丈夫?と感じたら、ぜひ一度STUDIO京都へお越しください。     テキストエディット:わたやん