イベント・ブログイベント・ブログ

2018.11.09スタッフコラム

映像・デザインコンペティション「CREATIVE FOR THE EARTH」

  こんにちは〜!スタッフのわたやんですよ〜! インタビュー以外では久しぶりの投稿です。   さて、今回は先月開催されたデジタルハリウッド主催のクリエイティブコンペティションについてご紹介しますね。  

映像・デザインコンペティション「CREATIVE FOR THE EARTH」

デジタルクリエイティブの力で社会問題の解決を考える映像・デザインコンペティションCREATIVE FOR THE EARTHが全国規模で展開され、企画審査と2ヶ月間に及ぶ制作期間を経て10月30日(火)に受賞作品の発表会が行われました。   STUDIO京都からは卒業生2名の作品が企画選考を通過し、 なんと!2作品ともにノミネート賞を受賞、STUDIO京都にはコンストラクターズ賞をいただきました〜!ほんとに素晴らしいです!  

「CREATIVE FOR THE EARTH」って?

CREATIVE FOR THE EARTHは、 「高レベル放射能廃棄物の処分問題」をテーマに行われた、コンテンツにおける課題解決デザイン・映像コンペティションです。今回のプロジェクトを通して、日本だけでなく世界が抱えるこの問題を自分ごととして考えることを目的として開催されました。 CREATIVE FOR THE EARTH 特設サイト(https://www.dhw.co.jp/creative/)   それでは、受賞2作品と受賞発表会の様子をちょこっとご紹介します。  

ノミネート賞受賞作品「増え続ける」

ノミネート賞受賞 動画作品「増え続ける」 制作者:坂本 直樹さん(ネット動画マーケティング講座 卒業生)
  増え続ける”核のゴミ”を私たちの身近な存在であるペットボトルキャップに置き換えて、問題の切迫感をシンプルに訴えかける作品です。  

ノミネート賞受賞作品「バトン」

ノミネート賞受賞作品「バトン」 ノミネート賞受賞 ポスター作品「バトン」 制作者:川本 紘子さん(Webデザイナー専攻 卒業生)
  今の若者とその親世代に向けて、この問題からもう目を背けることはできないのだと訴えます。ストレートなメッセージが胸に刺さりますね。  

受賞発表会

そして、いよいよ…受賞発表会です! 10月30日(火)東京御茶ノ水のデジタルハリウッド東京本校にて、企画審査を通過した全13作品の受賞発表会が開催され、審査員の方々やコンペティション関係者を前にプレゼンテーションを行いました。企画・制作過程の苦労話や、作品に込めたメッセージについて最後のアピールです。   坂本 直樹さん川本 紘子さん   緊張の面持ちでしたが、しっかりと作品へのこだわりが伝わってきましたよ。  

STUDIO京都のチャレンジはつづく

企画審査から約2ヶ月間の制作期間を経て、2作品とも本当に素晴らしい作品に仕上がりました。そして、2作品そろってのノミネート賞受賞。とても貴重な体験になったのではないでしょうか。   今後もSTUDIO京都は、クリエイティブに頑張る受講生・卒業生さんを全力で応援していきます。坂本さん、川本さん、本当におめでとうございます。そしてお疲れさまでした!   Constructors Award Constructors Award : STUDIO京都